無暖房・無冷房・無結露

無暖房・無冷房・無結露

  • 無暖房・無冷房・無結露
  • 女性設計士の生きた生活動線
  • 制震・環境対策

家の傷みは、結露から

木造建築は、通常25年程度しかもたないと言われています。もちろんメンテナンスを行うことによって、25年以上「もたせる」ことは可能ですから、実際、築後25年以上たった家に住んでいらっしゃる方はたくさんいます。

しかし、何もしなければたった25年しかもたない家。一体何が原因となっているのでしょう。

家の寿命を縮めてしまうもの―――それは「結露」の家づくり仕業なのです。

木造の家は、文字通り木でできています。木は濡れたままほおっておくと、腐ってしまいますよね。木造の家もそれと同じ。結露が多い家は、知らぬ間に痛みがすすみ、気がつくと腐った状態になっている。これが25年しかもたない家のからくりです。

冬の朝、窓につく結露に驚いてしまうことがありますよね。でも、結露はこのように目に見える部分ばかりに生じるものではありません。家の内部、つまり見ることができない部分にも同じように結露は生じているのです。

「結露は仕方ない」ではなく、「結露を極力抑える家をつくる」。長くもつ家を造るには、まず結露対策を。これが私たちの基本的な考え方です。

仕組みは、断熱材と外壁

木造建築は何もしなければ25年しかもちません。しかし日本には、25年どころか何百年、さらには1000年以上の歴史を持つお寺などが現存しています。

同じ木造建築なのに、なぜこうも違うのか。
その理由もやはり結露にあります。

現存する古いお寺、つまり日本の伝統的な建築物には、断熱材が使われていません。そして、扉を開ければ四方から風が抜ける構造となっています。当然これなら結露は発生しません。

しかし、断熱材をふんだんに使用する現代の家は、いつもぶ厚い布団にくるまれたような状態になっています。すると室内には熱がこもり、結露が発生するのも当たり前の環境になります。

皮肉なことに、家のなかの熱をできるだけ逃さない、つまり寒さをシャットアウトした快適な住環境を追求して断熱材を多用することが、結露の発生を加速させてしまっているのです。

そこで当社では、特殊な断熱材と外壁を用いて、できるだけ結露を発生させない家づくりのご提案を行っています。

初期コストをかけ、ランニングコストを抑えます

当社が提案している断熱材と外壁は、当社用に開発された特別なものではなく、従来から販売されている商品です。しかし、建売住宅などに使用されるものとは異なるため、その分コストは高くなります。

ご存じのとおり、家は高い買い物です。ですから、できるだけコストは抑えたい。そう考えるのも当然です。しかし、「安い家」には、それなりの理由があります。削れるところは徹底して削る。それは断熱材や外壁の質にも言えることです。

安く建てた家のメンテナンス費用(修繕費用)が割高になることは、意外と知られていません。買い物をするとき、消費者はつい安さを求めてしまいがちですが、家の場合は使い捨てではなく、この先ずっと自分の生活の場となるため、メンテナンスにかかる費用も最初に考えておく必要があります。

安く家を建てても、高額なメンテナンス費用がかかっては、元も子もありません。しかし、最初に多少コストはかかっても、結露の少ない環境を保つことができる家なら、メンテナンス費用を抑えることが可能です。

お客様の住まいの10年後、20年後、30年後、いや、もっと先を見た提案を行うことも、私たちの務めです。

pagetop