女性設計士の生きた生活動線

女性設計士の生きた生活動線

  • 無暖房・無冷房・無結露
  • 女性設計士の生きた生活動線
  • 制震・環境対策

建築士は、お客様にとってのよきアドバイザー

建築士の仕事は、ただ家を設計するだけではありません。とくに注文住宅の場合は、お客様のご希望をよくお聞きし、そのうえでプロとしてのアドバイスを行い、理想の家づくりをすすめていく、よき相談相手といった存在だと考えていただくとわかりやすいかもしれません。

建築士というと、男性が多いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は女性もたくさん活躍しています。
当社の女性スタッフもそのひとり。家にいる時間は、男性よりも女性のほうが長いため、快適な住まいづくりのためには、女性、なかでも奥様のご意見が欠かせません。また、男性の建築士よりも女性のほうが話しやすいこともあるでしょう。そんなときも、当社の女性スタッフがお力になれると思います。どうぞ遠慮なくご相談ください。

女性ならではの視点から生まれる「快適な生活」

男性の場合、自分の家にいてもせいぜい使うのはリビングや寝室程度という方が多いもの。そのため、家での動きやすさとなる「家事動線」については、さほど気にしない方がいらっしゃいます。しかし、女性にとって「家事動線」はとても大事。

つまり、デザイン的にはとてもおしゃれな間取りであっても、動線が合わなければ、実際に住む方にとって快適な住まいとはいえないのです。

当社では、まずお客様がどのような生活、スタイルを求めていらっしゃるかをよくお聞きし、そのために必要な動線や間取りを一緒に考えていきます。

  • キッチンとリビングのつながり
  • 使いやすいキッチン
  • ランドリーと物干しのスペースや位置関係
  • あれば便利な設備、反対に必要ない設備
  • 別荘として考える際の理想的な間取り
  • 家族構成に合わせたつくり

家づくりに欠かせない細やかなアドバイスを、女性ならではの視点で行ってまいります。

この地をよく知る当社ならではのアドバイス

私どもは、地元であるいすみ市の物件を中心にご提案を行っています。
温暖で海も近いいすみ市は、リゾート地としても人気が高く、別荘を購入されるお客様も増えています。

「家」というものは、立てるエリアによって、必要な設備も異なります。

たとえば浴室乾燥機。これは最近建つ家やマンションには標準装備といえるほど人気の設備になっていますが、ここいすみ市でも必要?と考えてみると、実はそうでもないのです。

いすみ市は、土地も豊富で土地の価格も都会に比べると格安です。戸建て住宅の場合、日当たりのよいも物干し場を確保することができますから、天気がよい日は天日で洗濯物を乾かすのが当たり前。また、市内にはコインランドリーが点在していますので、乾燥機を使いたい場合はコインランドリーへ、というのが地元では当たり前のスタイルです。

必要ない浴室乾燥機は設置せず、他の部分にお金をかける。些細なことかもしれませんが、こうした細やかな提案ができることも、この地をよく知る当社ならではの強みです。

pagetop